精神療法でインポテンツ治療

インポテンツは勃起力が不足して性交に支障をきたす症状を指しますが、現在ではEDと呼ばれることが多くなっています。インポテンツのうち8割~9割は精神的な原因が関わっていると言われています。

特に若い世代では、心因性のインポテンツが多数を占めます。ホルモン分泌に異常がある場合や、外傷の後遺症で勃起に関係する神経が損傷した場合などは、純粋に肉体的な原因といえるので、薬や手術で治療できます。また近年では、効果の高いED治療薬が開発されており、精神的なインポテンツも薬で治療する場合が多いようです。薬を利用して成功体験を積み重ねれば、やがて自信がつき、薬なしでも勃起するようになったりします。しかし治療薬には禁忌や副作用の心配があるため、精神療法で治療を行なう場合も少なくありません。

精神療法には大きく分けて2種類あります。勃起の障害になっている行動を見つけ出し、これを取り除くのが行動療法です。心に秘めた不満や過去のトラウマを探し、対話によって解決するのが心理療法です。いずれの方法にも、細かく分けると多くのバリエーションがあります。またパートナーと一緒にカウンセリングを受けることで、治療効果を上げられる場合もあります。

インポテンツはカップルの問題なので、ふたりで解決するという姿勢が求められます。精神療法は医師との対話が必要なため、薬に比べてハードルが高いと感じる方も多いでしょう。デリケートな私事を他人に話すのは、慣れないとプレッシャーを感じるものです。しかし相手は治療の専門家ですし、プライバシーも保護されるので、むやみに心配することはありません。ひとりで悩むよりも、まずは相談してみることが肝心です。

陰圧式勃起補助具でのインポテンツ治療

インポテンツとは男性の性交能力を欠く状態をいい、一時的な勃起不全ではなく、継続的な勃起不全の状態を言います。
多くは心理的要因が多く性に対する罪の意識や恐怖などから発症すると言われています。
また、最近ではEDなどの特定疾患によるものや年齢から来るものなども多くなってきており、成人男性の大きな悩みの一つといっても過言ではありません。
特に性交渉におけるインポテンツは男性本人の苦痛もさることながら、パートナーにとっても大きな悩みとなってしまうケースがあります。

そんなインポテンツを治療するために用いられるのが陰圧式勃起補助具です。
これは、手動ポンプでシリンダー内を陰圧にできる筒状シリンダーを用い、挿入した陰茎の陰茎海綿体に血液を呼び込み、勃起状態を作り出す器具です。
日本製のものはサイズも合わせて製作されていますのでご安心ください。
また、リング状のバンドで陰茎根元を絞めることで勃起状態を持続することができ、性交渉を可能にします。

これは物理的に空気圧を利用して陰茎海綿体に血液を送り込む方法ですので、陰茎の血管に異常がなければ基本的にしよう可能です。
また、薬を利用する治療ではないので、副作用等の問題もございませんし、個人でも安全安心してお使いいただけます。
この補助具は厚生労働省の認可を受けているものもあり、その効果は折り紙つきです。

インポテンツの及ぼす問題は、男性の心理的にも大きな負担になり、自信や気力の減退にもつながっていきます。
最近では簡単かつ効果的な陰圧式勃起補助具などが利用可能ですので、まずは専門医に相談してから使ってみてください。
そして、明日からの活力として、家族団らんの礎としてお役に立てると思います。

性行為を控えインポテンツ予防

性行為と言うのは相手との関係を深める為にも必要な行為だと思っている人も少なくありません。
勿論妊娠する為にも必要な行為です。
しかし何度も頻繁に行っていると、もしかしたらインポテンツになってしまう可能性も秘めているので注意が必要です。

男性の体はとてもデリケートで、少しの心配があるだけでも勃起しなくなってしまう事は珍しくありません。
また疲れているとか、悩み事がある、睡眠不足、仕事でストレスを感じている等様々な理由でインポテンツになります。
それ程重症でなければいずれはすっかり良くなってしまう場合もありますが、人によっては何をしても良くならない場合も珍しくありません。
そんな心因性の場合、自分を責めてしまう様な事はすべきではありません。
出来れば性行為を控える事が重要です。

頻繁に性行為を行っていると、しっかりと勃起する事が当たり前、中折れしたり全く勃起しないという事は異常だと思ってしまう人も少なくありません。
これは男性にだけでなく女性にも言える事です。
しかし実際には前述した様に様々な条件が重なるとそれらが複雑に影響し合って簡単に勃起しなくなってしまう事もあります。
インポテンツは決して珍しい症状ではありません。

それを防ぐ方法として効果的な物の一つが性行為を控えるという事です。
道具でも使いすぎるとすぐに摩耗してしまって使えなくなってしまう事もあります。
電池なども一気に長時間使うのではなく、休み休み使う方が長持ちする方が長持ちさせる事ができるという事を聞いたことがある人もいるでしょう。
それと同じで、特に現時点で性行為自体が義務となっている感じがしている人は、頻繁に行う事が時にはインポテンツに悪影響を及ぼす可能性もあります。
時にはそういう事から離れて、楽に過ごす方がインポテンツになりにくい体を作る事ができる場合もあります。

■治療薬の通販はこちらから
バイアグラを通販で買おう!
■インポテンツを病院で治療
ED治療病院の選び方